Monthly Archives: 6月 2016

夏越ごはん

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/06/header20160708073333_851661132.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/06/header20160708073333_992706401.jpg
6月30日は米穀安定供給確保支援機構が制定した

日本の食文化の中心で四季折々の行事にも密接に関係している『米』の新たな行事食として『夏越(なごし)ごはん』を提唱。しているお話です。

『夏越ごはん』は一年の前半の厄を払い、残り半年の無病息災を願うもので、粟や豆などが入ったごはんに茅の輪をイメージした夏野菜の丸いかき揚げをのせ、しょうがを効かせたおろしだれをかけたもの。
茅の輪とは
夏越の祓の神事で使用される物で
私達の犯した、知らず知らずに犯した、罪や穢れを除き去るための祓えの行事で、6月の大祓を夏越の祓(なごしのはらえ)、12月の大祓を年越の祓(としこしのはらえ)と言うお話です。
6月30日としたのは
6月の末日が一年の前半の最終日にあたることから。以上(今日は何の日食べ物編参考資料)
今日はきび、粟、豆をたっぷり入れてちまきを作りました。
お持たせに用意したのでこちらを夏越しごはんとして食べたいと思います。
日本の食文化では必ず行事食には雑穀、小豆は
欠かせません。
特別な日ではなくてももっと暮らしに浸透するように広めていけたらと思います。
雑穀ちまき作りました。

雑穀でお惣菜クラス

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/06/header20160626140051_799931444.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/06/header20160626140051_341656710.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/06/header20160626140051_733971424.jpg
6月の雑穀でお惣菜クラスでは
揚げない春巻きや雑穀入り生パスタ、卵アレルギー対応のヘルシーケーキなど紹介させていただいています。
家で作る生パスタは素朴ながらツルツルモチモチで美味しくいただけます。
雑穀の入れ方、捏ね方なども併せて紹介させていただいています。
先日4歳のお誕生日を迎えたYちゃんに卵不使用のフンワリケーキをプレゼントいたしました。
うさぎと食べられるお花に可愛い笑顔のお返しをくれました。
パスタの具材はマリネしたサーモンを炒めニンニクを効かせて塩味ベースでさっぱりと仕上げました。
蛸、魚介とマリネしておくとサラダにも、前菜の一品にも、そして少しだけ手を加えるだけでパスタの具材にも七変化してくれる優れものです。
はだか麦や押し麦なども加えれば栄養機能UPな一品に。

梅雨時期の食材選び

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/06/header20160621104629_258762314.jpg
毎年梅雨の時期はカラダも気持ちもスッキリしないですね。
小さなお子さんのいるご家庭も、一人暮らしの方も、この時期の献立は特に辛く感じることかと思います。
先日スーパーでお母さんと幼稚園児の親子の会話で「買い物まだー?」と問いかけにお母さんが
[お母さんは毎日ご飯の支度するのが面倒なの。だから何を作ってよいかわからないの]
この会話を聞いて驚きとショックでした。
でも反対な聞き方に変えると、[どうにか良い献立を考えたいけど浮かばない。どうして良いかわからない]と子供を思うお母さんの叫び。?と思いました。
そこで少しでも楽に献立を選べるように食材選びのコツ。☀️を紹介出来たら。と思います。
先ず、お店に入ると野菜売り場が近くにあるお店が多いと思います。
野菜売り場では今の旬。な野菜を1番の売りにしています。
トウモロコシ、ゴウヤ、新生姜、茄子?、胡瓜、
トマト?、茗荷、
これらは茹でたり炒めてからかつお節と醤油で和えると、あっという間に一品完成✨

カラダのむくみによい大豆も取り入れましょう。
冷奴、厚揚げを使って麻婆茄子も良いですね。
この時期は特にカラダのパワーに役立ってくれる豚肉も加えたいですね。

最後にお味噌汁を加えたらカラダに嬉しい、旬を沢山取り入れた献立の出来上がりです。
デザートはカラダの水はけを良くしてくれる働きもあるさくらんぼ?

ご飯2合にカレースプーン2杯ほどの、黒米やきび、あわ、もち麦など加えればもう言うことなしです。
気分が乗らないときは誰にもあります。
そんな時は先ず今の旬のお野菜を見てみてください。
みずみずしく美味しそうな色が目に入ってきます。
野菜一つ買ったら後はお肉、お魚売り場に向かえば大丈夫です。

写真の胡瓜は江戸東京伝統野菜の中の馬込半白胡瓜です。
私の住む街には2種類の伝統野菜が存続しています。
地元の小学校で種を守り続けている波田野さんと二人三脚で子供たちと育てる会をおこなっています。
今年で5回目を迎えます。
美しいグラデーションと美味しい味に地元のファンも多いとか?
またこちらの様子も紹介していきたいと思います。

本の紹介

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/06/header20160611080642_977992506.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/06/header20160611081044_839358075.jpg
柳原料理教室で共に学び今も尚、料理塾で学び続けている仲間の
江川晴子さんの本を紹介します。
ケータリングOfficeの代表を務め、アーティストのPARTYや
ウエディングなど数々のPARTY DESIGNを手がけるプロフェッショナルです。
私は何度かPARTY DESIGNの講座に参加させていただいた事があります。
テーブルコーディネートから食器使い、パーティーで役立つ料理の選び方のコツ
などプロの極意を教えてもらえる内容でした。
またPARTYを実践で行う講座も開いていて、グループでテーマを決めて
グラス、お皿選び、料理、invitation card作りなどみんなで相談しながら準備をします。晴子さんのアドバイスも伺いながら、最後はゲストを迎えて
PARTYを実際に開く内容です。プロから習う本格的なおもてなしを
習える講座でとても楽しく充実した講座でした。
今回出版された本はここまで見せてくれるの?とプロの裏技満載です。
料理も和食、洋食、アジアン、季節のイベントと紹介されています。
写真も美しく、眺めているだけでもうっとりです。
和食のコーナでは ミレさんの雑穀も紹介されています。
以前からミレさんのオリジナルブレンドをとても気に入ってくださり
今回本で紹介してくださいました。
⬇︎Amazonから江川晴子さんの本が購入出来ます。
http://www.amazon.co.jp/dp/4418163239

これからの季節はお招きしたり、お呼ばれされたりという機会が増えるので
バイブルとして心強い1冊になってくれる本です。

ミレさんの江戸和食と雑穀料理クラス

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/06/header20160607185533_175513866.jpg
柳原料理教室に通い、江戸時代から引き継がれている料理を習いながら、改めて
感じる事は、基本が大切。という事でした。

江戸時代から変わらず現代に引き継がれている味や食材の組み合わせなど
今から楽しみです。
私自身も一緒に学ぶ事もできる江戸和食と雑穀を楽しむクラスを今年から
始めさせていただく事になりました。
第3回目は七夕素麺や細巻き、きすをおろして天ぷらになど皆さんと作りました。

6月の雑穀教室

6月はジメジメした梅雨がやってきます。
気分も体調もぱっとしない方も多いと思います。
視覚、嗅覚、味覚と目覚めさせるには鮮やかでスパイシーなハーブと
賢く役立つ雑穀の組み合わせでカラダの中から目覚めさせてしまいましょう。
貴重なもち性の稗やパワフルでダイエット、アンチエイジングにも一役買ってくれる高黍でちょっぴりアジアンチックな献立をご紹介します。
豆やココナッツ、雑穀を併せたひんやりスイーツもご紹介します。
寒い季節には体を温めてくれる効能。熱い季節には余分な熱を落ち着かせてくれる効能。
肌の露出が多くなる季節には肌を守り強めてくれる効能。
使い方や選び方で味方になってくれる雑穀を季節ごとに紹介していきます。
どうぞ今月も楽しみにいらしてください。
初めて参加希望の方は3人グループでクラスを開催できます。
お気軽にご連絡ください。