Monthly Archives: 10月 2016

お豆サミットin遠軽

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161031083012_534219147.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161031083012_391593580.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161031083012_434591867.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161031083012_207959695.jpg
在来種の豆の町北海道遠軽で豆サミット2016
が開催されました。
ミレさんの雑穀教室の生徒さと一緒に参加してきました。
黒豆や大豆は知られていますが色とりどりの豆や
沢山の種類があります。
さくら豆、シャチ豆、パンダ豆、とら豆、世界一、大福豆、白手亡など
一般に豆とは植物分類学上、マメ科に属する穀物をさします。マメ科の植物は、世界で650属18,000種もありますが、私たちが食用としている種類は70種程あります。
その中での在来種はとても貴重な存在です。
守り続けている生産者の方がいるから存続している在来種の豆。
私の東京伝統野菜の伝える活動を紹介してくださりお話をする時間も頂けました。
お豆腐の老舗の京都から久在屋のご主人も参加されていました。
全国豆腐品評会では上位に選ばれるのは決まって在来種の大豆を使っている豆腐だそうです。
上位に選ばれたお豆腐の食べ比べ会もありました。
お醤油をかけなくてもとても美味しく、大豆の香りが豊かで感動しました。
昔から伝え続けている在来種の豆を伝え守りたい。と思う心が熱い方々ばかりで、食べることも大好きな方々なので少し話すだけで仲良くなり
場内は温かな雰囲気で一杯でした。
翌日は朝食に羽釜で炊いたご飯と豚汁作りの
お手伝いをさせて頂きました。
お世話になった方々、二日間ありがとうございました。
ミレさんの雑穀教室では益々雑穀と共にお豆の魅力も伝えていきたいと思います。
ミレさんの日々の出来事を紹介しています。
http://ameblo.jp/miletlove/entry-12215242272.html

きのこの勉強会

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161024234847_893169032.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161024234847_676711338.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161024234847_144838289.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161025002820_620545312.jpg
ミレさんの雑穀教室では秋になると国産の多種類のきのこ、カナダ産の松茸などきのこを扱うことが多いのですが
今回実際に生息しているきのこを見学できる機会を頂きました。
場所は飯能市の大学の敷地内、15㌶の山に季節ごとにきのこが生息します。
案内していただいたのは大学で講師もしている林業に携わるN先生です。
大学の敷地内とは思えないほど本当の森のでした。
森に入った途端出迎えてくれたきのこは
ピンクカラーが可愛いのですが毒きのこでした。?どくベニタケです。
白く可愛い姿のホコリタケ
真っ白な姿の素敵なきのこ。食べると途端に苦しみだすそうです。
名前も毒ツルタケ。
お花みたいな可愛い姿のきのこはつちぐりです。
きのこは植物でも無く、動物でも無く、第3の生物。と言われるそうです。
毒きのこからバスで病気の薬が開発されたいるお話でした。
ビタミンB群を多く含み、食物繊維も多くカロリーも低い。
美容やダイエットなど魅力的な栄養機能を多く含みます。
雑穀のビタミンBやカルシウム、鉄分、などの栄養機能と併せて食せば手軽にスーパーフードメニューを作ることが出来ます。
日本には数千種類のきのこがあると言われます。
きのこの魅力をもっと伝えられるように今回の見学を雑穀教室でも早速取り入れたいと思いました。

本場のフランス人シェフが焼くガレット?

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161020152634_701675331.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161020152634_716704985.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161020152634_394090413.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161020152634_500460154.jpg
本場のフランス人シェフが焼くガレットとクレープを習いました。
そば粉を使うガレットは大好きで何度か作っていましたが、本当のレシピと本場の味が知りたいと思っていました。
そば粉の溶き方、ねかせ方、焼き方、ひろげ方、
バターの塗り方、具材ののせ方、折り方。
とても詳しく学ぶことができました。
クレープではキャラメルクリームの作り方も習うことが出来ました。
併せてオニオングラタンスープも教えて頂きました。
美味しかったです。??

料理塾

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161018132048_987512510.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161018132048_837974412.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161018132048_503914824.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161018132048_393147468.jpg
秋の料理塾はうにご飯?かますのお寿司、鯖の味噌煮、焼き鯖の刺身など魚をさばく勉強が多いお稽古でした。
M先生の説明と包丁さばきで細かいところまでよく分かります。
分かるけれど未だ未だ腕がついていきません。
贅沢にも松茸??も登場でみんなで大騒ぎです。
秋の膳。となりました。
日本人で嬉しい。と思う瞬間です。
また次回のお稽古が楽しみです。
M先生.皆さん、ありがとうございました。

きのこの季節?と世界の料理の勉強

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161015041538_052957715.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161015041538_985988739.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161015041538_878528027.jpg
ミレさん秋の恒例、きのこの料理と雑穀を併せた献立で紹介させていただいています。
塩きのこもたっぷり作りました。
今年は7〜8種類のきのこを使いお惣菜クラスで作りました。
お鍋の種に塩きのこと雑穀を加えたり、パスタに併せたり、炒め物、揚げ物、なんでも万能に利用できます。
今月はきのこの生態の様子を見学できる機会を頂きました。
そのお話はまたご報告しますね。
きのこはお花と同じなので春のきのこ、秋のきのこと全く様子が違うそうです。
きのこの生態を実際に見ることは無いのでとても楽しみです。
また今月も世界の料理を習いに出かけています。
今回は本場のフライドチキンを習いにカルフォルニアでシェフをしていた先生に習いに行きました。
一晩レモンハーブでマリネしてから揚げるので見た目はワイルドなのに食べるとサッパリ爽やかなフライドチキンは外はカリカリで、中はジューシーです。
併せたグレイビーソースとなめらかなマッシュポテトが最高です。
簡単ブレッドも習いました。
手作りのbuttermilkをたっぷり入れたブレッドは発酵要らずで簡単に作れてとても美味しいです。
本場の味、スタッフドエッグ?も教えていただきました。
おもてなしにピッタリの一品です。
本場の味や本場の方に直接触れることで今まで知らなかったことや、気づくことやヒントが沢山あります。
ミレさんの雑穀教室でも学んだことを大いに活かしていきたいと献立作りが以前にも増して拡がります。
次回はフランス人の先生に本場のそば粉ガレット&クレープを習いに行きます。
こちらもまたご報告したいと思います。