きのこの季節?と世界の料理の勉強

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161015041538_052957715.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161015041538_985988739.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161015041538_878528027.jpg
ミレさん秋の恒例、きのこの料理と雑穀を併せた献立で紹介させていただいています。
塩きのこもたっぷり作りました。
今年は7〜8種類のきのこを使いお惣菜クラスで作りました。
お鍋の種に塩きのこと雑穀を加えたり、パスタに併せたり、炒め物、揚げ物、なんでも万能に利用できます。
今月はきのこの生態の様子を見学できる機会を頂きました。
そのお話はまたご報告しますね。
きのこはお花と同じなので春のきのこ、秋のきのこと全く様子が違うそうです。
きのこの生態を実際に見ることは無いのでとても楽しみです。
また今月も世界の料理を習いに出かけています。
今回は本場のフライドチキンを習いにカルフォルニアでシェフをしていた先生に習いに行きました。
一晩レモンハーブでマリネしてから揚げるので見た目はワイルドなのに食べるとサッパリ爽やかなフライドチキンは外はカリカリで、中はジューシーです。
併せたグレイビーソースとなめらかなマッシュポテトが最高です。
簡単ブレッドも習いました。
手作りのbuttermilkをたっぷり入れたブレッドは発酵要らずで簡単に作れてとても美味しいです。
本場の味、スタッフドエッグ?も教えていただきました。
おもてなしにピッタリの一品です。
本場の味や本場の方に直接触れることで今まで知らなかったことや、気づくことやヒントが沢山あります。
ミレさんの雑穀教室でも学んだことを大いに活かしていきたいと献立作りが以前にも増して拡がります。
次回はフランス人の先生に本場のそば粉ガレット&クレープを習いに行きます。
こちらもまたご報告したいと思います。