お豆サミットin遠軽

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161031083012_534219147.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161031083012_391593580.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161031083012_434591867.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/10/header20161031083012_207959695.jpg
在来種の豆の町北海道遠軽で豆サミット2016
が開催されました。
ミレさんの雑穀教室の生徒さと一緒に参加してきました。
黒豆や大豆は知られていますが色とりどりの豆や
沢山の種類があります。
さくら豆、シャチ豆、パンダ豆、とら豆、世界一、大福豆、白手亡など
一般に豆とは植物分類学上、マメ科に属する穀物をさします。マメ科の植物は、世界で650属18,000種もありますが、私たちが食用としている種類は70種程あります。
その中での在来種はとても貴重な存在です。
守り続けている生産者の方がいるから存続している在来種の豆。
私の東京伝統野菜の伝える活動を紹介してくださりお話をする時間も頂けました。
お豆腐の老舗の京都から久在屋のご主人も参加されていました。
全国豆腐品評会では上位に選ばれるのは決まって在来種の大豆を使っている豆腐だそうです。
上位に選ばれたお豆腐の食べ比べ会もありました。
お醤油をかけなくてもとても美味しく、大豆の香りが豊かで感動しました。
昔から伝え続けている在来種の豆を伝え守りたい。と思う心が熱い方々ばかりで、食べることも大好きな方々なので少し話すだけで仲良くなり
場内は温かな雰囲気で一杯でした。
翌日は朝食に羽釜で炊いたご飯と豚汁作りの
お手伝いをさせて頂きました。
お世話になった方々、二日間ありがとうございました。
ミレさんの雑穀教室では益々雑穀と共にお豆の魅力も伝えていきたいと思います。
ミレさんの日々の出来事を紹介しています。
http://ameblo.jp/miletlove/entry-12215242272.html