雑穀とグルテンフリーでXmasメニュー

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2016/11/header20161125153525_075300839.jpg
夏の検診で親子で小麦粉アレルギーと診断され、只今親子でグルテンフリーな食生活をしています。
もともと日本人の腸は小麦粉などに含まれるグルテンを消化出来無いそうです。
消化出来ないまま残ったグルテンが小腸を傷つけてしまうそうです。
小麦粉アレルギーは殆ど症状が出ないそうなので今回わかった事はとてもluckyでした。
グルテンフリー生活を始めた頃は、変化に気づきませんでしたが2ヶ月目から肌がツルツルしてきました。
またお腹周りがとてもスッキリして来ました。
肌のトラブルも落ち着いてきてカラダもとても軽くなりました。
グルテンフリー生活で1番困った事は、外食でパンや麺類が食べられない事です。
家では米粉を使いケーキも、パンも、麺も、揚げ物もストレスなく作り食べる事ができるのに、外食では日本中小麦粉食品だらけです。
米粉も素晴らしく進化していて昔のイメージを覆されます。
もし日本中の小麦粉食品を米粉に代替したらお米農家さんはとても助かるそうです。
米離れが進む日本の救世主に米粉がなる事を願ってしまいます。
小麦と米粉、バランスよく共存できたら良いな。と思います。
写真の料理はデンマーク風なXmasメニューを作りました。
全てグルテンフリーです。
メインディッシュは鶏の手羽元の骨を外し、中に詰め物をしてローストしました。
柿やプラム、イチヂク、クリームチーズとお好みなフルーツを詰めてローストすると鶏の旨みを吸った美味しさになります。
レッドキャベツにははだか麦をトッピングしましだ。
クッキーには炒ってからミルした稗を加えて香ばしさと栄養機能をプラスしました。

普段のおかずにも、おもてなし料理にもストレスなく扱える米粉を雑穀と共に紹介しますね。

皆様も素敵なXmasをお迎えください。