伝統野菜の授業

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2017/05/header20170514191250_507023449.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2017/05/header20170514191250_429335716.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2017/05/header20170514191250_517249007.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2017/05/header20170514191250_745221596.jpg
私の住む地域大田区に存続する、江戸東京伝統野菜の馬込半白胡瓜と馬込三寸人参を地域の小学校の生徒さんと一緒に育て食べて楽しむ授業も今年で6回目を迎えることが出来ました。
家庭菜園をしている家庭も増えているか作用で
胡瓜は家でも栽培しているけど、馬込半白胡瓜は初めて!の声も聞こえる中、行いました。種を守り続けている農家の波田野さんが今年も元気な苗を持ってきてくださり、子供達と植えました。
植えたあとは波田野さんが手強よく、支柱を組んでいき、丈夫で立派な胡瓜の家が出来ました。
多少の嵐が来ても安心です。
水をまいて、藁を敷き詰め完成です。
さあ!今年も元気で優美な姿の半白胡瓜が楽しみです。