お迎え膳🌸

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2017/07/header20170714062937_397165532.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2017/07/header20170714062937_116852314.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2017/07/header20170714062937_628572678.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2017/07/header20170714062937_377413275.jpg
和裁の先生ご夫妻をお招きさせていただきました。
数年前に、突然叔母から譲り受けた着物で、素敵な先生を紹介していただき、着物の仕立てをお願いした事がきっかけとなり、先生の和裁教室へも参加させていただきました。一昨年は、アメリカに住む姪へ浴衣を縫い、サプライズプレゼントも出来ました。素晴らしい着物の世界観や、和裁の楽しさを知ることができました。
指の手術をしてからは、縫い物は長時間出来なくなってしまいましたが、一年に一度先生ご夫妻をお招きしてお迎え膳を召し上がって頂いています。
近茶流や先生方に習っている中から季節に合わせ、献立を決めます。
今年は暑さが早く訪れたので、梅をテーマに内容に献立を組みました。
お造り仕立てのサラダにはイサキをおろし夏みかんの果肉とお出汁醤油で作ったジュレをかけました。
柑橘系の果物に出汁醤油を併せ、ドレッシングや少し固まらせたジュレは夏場にぴったりです。
椀物は蟹しんじょうを作りました。
今回は黒米、粟を使用しました。
先生は日本舞踊家の舞台の着物や、役者さんの舞台の着物も作られますが、ご夫妻で日本舞踊も始めたお話や、これからの日本文化の着物の広がり方や伝える大切さなど沢山のお話を伺うことができました。
自然体で、パワフルで何時も新しい何か☘️を見つめて進んでいる姿に力を貰った感覚になりました。
また先生ご夫妻をお迎え出来るように、腕を磨き、頑張ろう🍒と改めて思いました。