ミレさんと薬膳

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/01/header20210114163051_757347281.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/01/header20210114163051_830983546.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/01/header20210114163051_711995878.jpg
ベジあんの次は薬膳の勉強を始めています。
北海道からnorikoさん😊が選んだ本のレシピを全制覇を目標に始めました。
ベジあんの本の料理部門をほぼ制覇した結果、 気付けば、オリジナルティなベジあん作りを  楽しめるようになりました.
お砂糖の代わりに料理に利用できて、糀の力で
お肉も柔らかく、味にもコクが加わり、体にも
良いベジあんは無くてはならない定番になりました.

薬膳は学んでいてもなかなか自由自在に調理できるまでには届かず、いつか、しっかり身につけたい。
と思っていました。
今回、norikoさんが選んだ本は薬日本堂が監修している本格的な薬膳の材料で作るもの。
材料をお互い買ったり、お取り寄せしたりする ところからのスタートです。
薬膳の基本のその一
一物全体
基本その二
身土不二
基本その三
五行説
基本その四
五味五性
第一回目に作った料理は山芋を使った薬膳でした。

山芋
五味=甘 (緊張を緩め、痛みをとって「脾」に作用する) 五性=平 (温める働きも冷ます働きももたない)
滋養強壮や体力増進、疲労回復に役立つスタミナ食材。漢方では山薬と呼ばれ重宝されます。
消化を助け、下痢を止めるほか、血糖値を下げる作用も確認されています。