Author Archives: サイト管理者

夏の過ごし方☀️💕

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2020/08/header20200808140055_854181404.jpg
ミレさんの料理教室は2月からお休み中です。
教室は休止ですが、お休みだから出来る事☀️
を考え、お裾分け分け仲間や、😊(勝手に巻き込んでいるのですが😆)
普段は公開されない秘密の美味しいお知らせ
情報🥰など、回覧板😍したりと、なかなか
楽しく密かに活動しています。
私時間の過ごし方は、仕事がない日は
春から定番のスタイルとなった、
自宅でのオンラインでの習い事。💕
聴くこともする事も初めてだったオンライン
zoom。🍀
zoomの出現ですっかり私時間の過ごし方が
一気に変わりました。
時には海外の料理教室にも参加しています。
今は、友人のzoomの料理教室のお手伝いも
させていただいています。
私の大好きな食の先輩❤️辻本宜子さん。
私の姉様のような方です。
北海道にお住まいで、各食の方面で大活躍
されているスーパーパワフルな女性です。💓

5月から本格的にzoomでの活動に切り替えてから
様々な楽しい企画を実現しています。
今回夏休み期間中、楽しく美味しく、
親子で作る、かわりおはぎ作りを開催します。
申し込むと、材料全て北海道から送られてきます。
着いたら直ぐ教室に参加出来るスタイルが
とても便利と人気を高めています。

当日、私も参加して、ホスト役をいたします。💓

申し込みは直接辻本さんへの連絡となります。
8月12日
14時から開始。料金3500円(材料費込)
辻本宜子
080 2866 5408携帯
t-noriko@titan.ocn.ne.jp
山林さんから聞きました❣️とお伝えください😊

親子でも、お孫さんとも参加されても
楽しいと思います。
事前にアプリでzoomを入手しておくととても
簡単です。

amebloでも紹介しています。
覗いてくださると嬉しいです😃

この夏、家にいながら新しい出会いが皆様に
あることを願います。❤️

https://ameblo.jp/miletlove/entry-12616261399.html

実山椒で作りました。

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2020/07/header20200709191125_933026194.jpg
知人が送ってくれた実山椒入りの昆布の佃煮が美味しくて、私も作ってみました。
タイミングよくおじゃこも手に入ったので実山椒とおじゃこの佃煮もつくりました。
季節物は見逃すと来年まで買うことができなくなるので気が許せません。😊
梅  赤紫蘇 実山椒 次はかぼす仕事です。

ameblo↓では普段や日々の呟きを時々しております。

https://ameblo.jp/miletlove/entry-12604625125.html

梅仕事

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2020/06/header20200616144522_343459943.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2020/06/header20200616144522_478586246.jpg
毎年行う梅仕事♪
旬の食の手仕事で季節を感じられる
事は、贅沢な気持ちになります。

梅の歴史は約1500年前中国から薬用の“烏梅(ウバイ)”として伝来、これは青梅を薫製・乾燥したもので、現在でも漢方薬のひとつになっています。 ウメの語源は「熟む実」「うつくしくめずらしい」からきた語だとか。

作り方や、食し方の変化を繰り返して
江戸時代には今の形の梅干しや青梅煮と
庶民の味となったようです。
伝わり続けてきた梅です。
是非梅仕事、味わいたいと思います。

今年は和歌山の梅農家さんから完熟梅を
分けていただきました。😊
完熟梅は氷砂糖に浸けてシロップにします。
ゼリーよせは青梅から完熟になるつつ梅を
砂糖で煮て、フルフルな食感限界量の寒天で
固めました。
このままでも、醤油を加えてところ天の汁や
料理にも使えるようにしました。
しばらく梅を楽しめます。
梅雨の食あたりの心配な時期にも梅は
ぴったりです。
完熟梅を買ってきてコトコト煮るだけでも
甘みを後から加えて甘味にしたり
味噌や醤油を加えて手作り調味料にも出来ます。
是非今しか出回らない季節の旬を楽しんで
欲しいと思います。

amebloでも時々呟いています。
遊びに来てください。

https://ameblo.jp/miletlove/entry-12603918422.html

和菓子作り

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2020/06/header20200610074421_806798721.jpg
北海道の百合根様と和歌山の梅ひかりで
可愛い和菓子を作りました。
これから食欲が落ちてしまう事も多くなる
夏の季節にも食べやすい和菓子。😊
白玉粉で包んだ小豆のあんこや
百合根をあんにして包んで💕
からだにも優しい和菓子で🍵お茶を飲んで
ホッと一息ついて欲しいです。

https://ameblo.jp/miletlove/entry-12602667630.html
日々の呟きやちょこっと作れる料理など
紹介しています。

高野豆腐

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2020/05/header20200530110948_909674609.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2020/05/header20200530110948_096011479.jpg
高野豆腐は少し苦手でした。
でも近茶流 柳原料理教室へ通い
高野豆腐の戻し方を習ってから
大好きになりました。
今まで食べるたびに
「スポンジみたい」(私の戻し方が下手だったので)
と感じていましたが、プルプルで食感もまるで
木綿豆腐みたいです。
仲良くさせていただいている
近くに住む画家の先生から、江戸時代の高野豆腐
の食べ方。を教えていただきました。
高野豆腐を水で戻し、半分の厚さに切り、田楽味噌を塗り、網で焼く。
江戸時代は豆腐百献立の本も出るくらい
様々料理で楽しんでいた事もあり、
アイデア一杯なレシピがあります。
早速作りました。
高野豆腐の程よい固さが網で焼くと香ばしく
カナッペみたいになります。
田楽味噌を変えれば洋風にも、アレンジ出来ます。
写真は茄子とピーマンを🍆素揚げしたものを
柔らかく戻した高野豆腐とあわせて出汁と
あわせました。
タレは梅干しと味噌としょう油を混ぜたもので
す。
https://ameblo.jp/miletlove/entry-12600532923.html
amebloでもつぶやき生活つづっています😊

自粛生活の中でも♥️

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2020/05/header20200521162539_405120435.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2020/05/header20200522131751_422771515.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2020/05/header20200522131751_992695293.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2020/05/header20200522131751_738869151.jpg
自粛生活が続いていますが、
休日は朝から台所に立つ事が多くなりました。
あれも作りたい、これも作っておこうと
お陰で冷蔵庫も、冷凍庫もストック食材で
うるおっています。♥️

自分でもこんなに料理を作る事が好きだなんて、
食いしん坊で良かった。
と改めて思います。

先日は、ミレさんの教室にも通われている
帽子作家の加奈子さんから、
米粉のケーキ🎂のオーダーをいただきました。
時計作家の明.衣さんのお誕生日のケーキです😊
心を込めて作らせていただきました。
あわせて米粉パンも焼きました。
米粉パンは明.衣さんへ、私からのプレゼント🎁
です。
明.衣さんが、米粉パンの写真を撮って送って
くれました。
いつもミレさんの料理を素敵に写してくれます。
普段のお惣菜料理を、⬇︎のブログで
紹介しています。

https://ameblo.jp/miletlove/entry-12598525249.html

梅の国和歌山から来た梅ボーイズ🌸

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2020/05/header20200511073344_350790413.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2020/05/header20200511073344_734576991.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2020/05/header20200511073344_757916850.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2020/05/header20200511073344_850322434.jpg
昨年の夏、食の先輩(辻本さん😊)から
会ってきて欲しい青年がいる。との連絡が❗️
実家の梅農家の応援にと、日本一周を決意❗️
そして北海道にたどり着き、辻本さんや
食の世界で活躍される方々と出会い、応援団❓😊
も広がり。
私のところにも連絡を頂いた、経緯でした。

和歌山県日高郡みなべ町に、5代続く
梅農家を営む家に生まれた梅ボーイズの
リーダー、山本将志郎さん。

家庭の食卓から、梅干しが食べられなくなりつつある。
本当の味を伝えたい。と思い、
リーダーの山本さんは一念発起😊して
梅ボーイズを立ち上げました。
軽トラを梅色に塗り❗️日本中を周る事を決意☀️

第一印象は、笑顔で爽やかな青年。
お話を伺うと、梅農家を思う気持ちと、
熱意が伝わって来ました。

私はうめひかりを購入させてもらいました。
梅干しは家でも作りますし、色々な方からも
頂くことが多いです。 
でも、❓❓違う❗️香りもフレッシュさが
ひと味違います。

色も、とても鮮やか🍀
南高梅を木の上で完熟させ、自然落下を待ち
収穫するから、香りも豊かだとのお話しです。
赤紫蘇もこだわり、探し続け、巡り着いた
国産紫蘇🌸
爽やかさが残る、梅干しです。

また、手作りの紫蘇と、梅のエキスを、
海水塩と天日干しで作る梅塩。
美味しいです。😊

ピンク色の塩。
舐めるとほんのり梅の味と香りが❣️
全て自然のもので作られているので、
安心です。

江戸時代から使われて来た梅干し。
醤油ができる前は、梅干しと昆布、かつお節で
煎り酒と言う調味料が使われていたそうです。
この組み合わせ誰が考えたのでしょう?
先人の知恵は、素晴らしいです。

🌸煎り酒の作り方🌸
材料
梅干し1個
昆布5cm
かつお節5g
酒200ml

1 小鍋に梅干し種を取りちぎって入れ、
他の材料も全て入れる。🌸
2 酒が半量になるまで中火で煮詰める。🍀
3 こして完成

江戸時代に食べた、桜煎🌟
作り方
1 ゆでたたこを食べやすく小口切りにする。
2 煎り酒を小鍋に入れて温め、切ったタコを入れ
温める程度火を入れる。
3 青ネギや、茹で卵の黄身だけを馬毛裏ごしで
 裏ごししたものを添える。
 桜の蜜に見立てて🌸

薄くピンクに色づいたタコがまるで、
桜の花びらのよう。🌸
なんとロマンチックな江戸時代の一品。
ピングが鮮やかな梅干しで作ると一段と
桜の花びらのようです。

https://umenokuni.com/
👆梅ボーイズ、梅干し、梅塩もこちらから
  見れます。

日本の食を応援したい。学び続けたい。
と思うミレさんは梅ボーイズを応援し続けます😊

https://ameblo.jp/miletlove/entry-12594488683.html
アメブロで
普段の食や日々の出来事など
紹介ししています。
宜しかったら遊びにいらしてください。