Author Archives: サイト管理者

14回目 なつめ

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/05/header20210505132051_272518381.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/05/header20210505132051_516877586.jpg
女性の味方なつめの効能

腸内環境を改善する『食物繊維』

食物繊維は、腸内環境を整え、消化吸収を良くしたり便通を改善させる効果があります。
また、悪玉菌や有害物質を減らす効果も認められており生活習慣病の予防にも効果が期待されています。

干しなつめに含まれる食物繊維は、100gあたり12.5g。食物繊維が多く含まれるものとして代表的なごぼうでも、食物繊維量は100gあたり5.7gなので、なんとなつめにはごぼうの2倍以上の食物繊維が含まれていることになります。これはドライフルーツの中でもトップクラスです。

【参考】食物繊維の働きと1日の摂取量-公益財団法人長寿科学振興財団

貧血予防に効果抜群の『鉄分』

鉄分は、女性がなりやすい貧血に効果がある成分です。体内にある鉄分の約6~7割は、赤血球に含まれる「ヘモグロビン」というタンパク質を構成しています。そのため鉄分が不足するとヘモグロビンが作られず、その結果貧血になってしまうのです。ヘモグロビンは、血液中で酸素を運搬するという重要な役割を持ちます。

干しなつめに含まれる鉄分は100gあたり1.5g。鉄分が多く含まれるものとして有名なプルーン(乾燥)でも鉄分は100gあたり1.0gなので、なつめにはプルーンの1.5倍の鉄分が含まれることになります。

【参考】ミネラル成分の鉄分の働きと1日の摂取量-公益財団法人長寿科学振興財団

健康維持に重要な働きをするビタミン『パントテン酸』

パントテン酸は、ビタミンB群の1種です。
食事から取った炭水化物などの栄養素を代謝を促し、エネルギー産生を助ける働きがあります。その他にも善玉コレステロールを増やしたり、ホルモンや免疫抗体を作る働きなど、重要な働きを多く持っています。

【参考】パントテン酸の効果-わかさの秘密

特に女性には摂取してほしい『葉酸』

葉酸も、身体の働きを調整するビタミンの1種です。
赤血球を作ったり遺伝子の合成に必要な成分とされています。そのため葉酸は、妊娠初期の女性にとって胎児の発達の点から特に重要とされます。妊娠初期に葉酸不足になると胎児の神経管がうまく発達せず、神経管閉鎖不全という状態になり、奇形や傷害を持ったり、最悪の場合死に至ることもあります。

2000年には厚生労働省から「妊娠の可能性がある年齢の女性等に対する葉酸摂取に関する通知」が出されています。

【参考】葉酸とサプリメント-厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

生薬としてのなつめの重要成分『サポニン』

様々な植物に含まれるサポニンという成分は、余分な脂肪の蓄積を抑える効果があります。
また、サポニンの中でも様々な種類がありそれぞれ異なる効果を持ちますが、特になつめに含まれる「ジジフスサポニン」は、免疫機能を向上させてウイルスや菌から身体を守る働きをします。

【参考】サポニンの効果と摂取量-公益財団法人長寿科学振興財団

丈夫な骨と歯に必要な『カルシウム』

カルシウムは、体内に最も多く含まれるミネラルであり、そのほとんどはリンというミネラルと結合して骨や歯を形成しています。女性に多い骨粗鬆症は、カルシウム不足により助長されます。いつまでも健康な身体を維持するためにも重要な成分です。

【参考】カルシウム-厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト

美肌&美髪効果

ビタミンB群の1種であるパントテン酸は、美容に効果的なビタミンCの働きを助ける役割をしています。このビタミンCは、お肌のハリや髪の毛のツヤに重要なコラーゲンを合成するのに重要な成分とされ、外的刺激に負けない肌を作る効能があります。
実際に、パントテン酸が紫外線による皮膚の日焼けを防ぐという研究結果も示されています。

ダイエット効果

なつめに含まれるサポニンは、余分な脂肪の蓄積を抑える効果があるとされており、肥満を予防する効能が期待できます。また、食物繊維が多く含まれ便秘を解消する効果があったり、さらにカリウムも含まれることから、塩分とともに余分な水分を出してむくみを解消してくれます。

なつめには鉄分やカルシウムが含まれているので、貧血の予防や、骨粗鬆症の予防といった健康面にも多くの効能を持ちます。その他にも、ホルモンを作るパントテン酸によってストレスをやわらげる副腎皮質ホルモンの働きを促し、ストレスへの抵抗力を高めたり、免疫抗体を作ることで風邪を引きにくくなったり、花粉症を軽減する効能もあります。

花粉症については、なつめに含まれるフルクトピラノサイドという成分が重要とされています。アレルギー反応を引き起こすIgE抗体の働きを抑えるため、花粉症改善への効果が期待されています。

【参考】パントテン酸の効果-わかさの秘密

薬膳料理
なつめとアスパラガスの和え物

材料]なつめ・アスパラ・小松菜・りんご酢・ 紅花・醤油・メイプルシロップ・白胡麻

なつめ
五味=甘 五性=平
クロウメモドキ科のナツメの果実。高い栄養価があり、血を養う、滋養強壮、精神安定など心と体両方に作用する便利食材。胃腸の働きを整え、筋肉の痛みを緩和します。アレルギー体質の改善にベストな食材。種を取ったなつめは一人3粒がベスト。

13回目 枸杞の実を使う 薬膳

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/04/header20210424072120_363571109.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/04/header20210424072120_639708592.jpg
枸杞の実
四気五味 : 甘味、平性
帰経 : 肝、腎、肺
効能 :

腎水を滋補して肝木を養う、つまり、肝腎の陰を養う。
痩せ・両手のひらと両足の裏の熱感・潮熱・寝汗・めまい・耳鳴り・不眠・夢をよくみる・視力減退、足腰のだるさ、四肢のしびれ、遺精、生理の出血量が少ない、舌の色が紅色・脈が弦のように響いて細く速いなどに
精血を補い目を養う。 目の疲れ・かすみ、視力低下などに
肺を潤し、咳を止める。 肺熱の咳・喘息、肺陰虚の空咳・喘息・喀血に作用。

さっぱり海鮮和え              火照った体を寒涼性野菜でクールダウン    材料 ]枸杞の実 胡瓜 セロリ ミニトマト  アサリ イカ むきえび 料理酒 三温糖 醤油・酢 生姜汁

枸杞の実入り黒木耳の五目炒め        にんじんのカロテンで目の乾燥を防止     

材料] 黒木 山芋 枸杞の実  にんじん いんげん ・油揚げ 干しエビ 醤油 オイスターソース・三温糖 料理酒 片栗粉 水

老化防止の妙薬とされる枸杞の実と、
皮膚を潤わしてくれる木耳をあわせて
女性に嬉しい一品に。💕

amebloでも不定期で紹介しています。😊

https://ameblo.jp/miletlove/entry-12663720458.html

イタリアン薬膳の実践

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/04/header20210422152544_197470978.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/04/header20210422152544_123847633.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/04/header20210422152544_205932035.jpg
薬膳の本の実践を始めてから3ヶ月になります。
初めて扱う、五味子や茯苓、当帰と、聞き慣れない食材も料理をするうちに自然に薬膳の食材の、特徴や、使い方のアレンジも出来る様になってきました。
薬膳は本を読んでは理解しているつもりでしたが
食は食べて初めて分かるのだと納得しました.😊

そして次に挑戦するのはイタリアン薬膳です。
講談社から発売されている本です.
新田玲子さん、イタリア料理研究家・
国際薬膳師中村浩子さん監修の書籍です。
こちらの本のレシピを参考にアレンジ
しながら始めたいと思います.
第一弾は目にも鮮やかなビーツ❤️を使った
一品と、今が食べ頃なスナップえんどう
を使った一品です。
ビーツのスパゲッティ  材料] ビーツ・じゃがいも・クリームチーズ
・ツナ
スナップえんどうのオレンジ風味サラダ      
材料] スナップえんどう・オレンジ・レモン
・oil ・メープルシロップ

ビーツ
五味] 甘 五性]平 
帰経 : 肺、脾胃、肝、腎
効能 :血流を改善し、経絡の通りをよくする。 瘀筋肉の疼痛、生理不順・生理痛。
別名 食べる輸血とも呼ばれる。

スナップえんどう(グリーンピース) (エンドウマメ・豌豆) 五味 [甘] 五性[平] 帰経 [脾、胃] 効能 :脾胃の働きを整え、上気した気を下ろす 風邪を取り除き、湿を利尿により排泄する。
風邪の影響で停留した水分による顔・皮膚・
下肢のむくみ、排尿困難. 解毒 応用 : 嘔吐、下痢、こむら返り、
水虫、吹き出物
オレンジ・レモン(柑橘・橙子)五味 [甘味・酸]五性[涼性] 帰経 : 胃、肺
効能 :食欲を増進し、胃気の下降機能を整える。 しゃっくり・げっぷ・吐き気・嘔吐・
食欲不振,津液を生じさせ、のどの渇きを止める。 のどの渇き・口の渇き.肺の乾燥を潤す,
応用 : 胸腹部が張って苦しい、嘔吐、食欲不振、心血管疾病

効能を知りながら食べると更に効能もアップしてくれそうです.😊
ビーツはアルミ箔で包み200℃のオーブンで40分程焼くと甘さが増して美味しくいただけます.😊
皮を剥いて一口大に切ってから小袋に入れて冷凍して保存してます.

女性の要薬当帰

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/04/header20210408140508_148656070.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/04/header20210408140508_035049285.jpg
春は、気温の変化も激しく変わり、自律神経も
乱れやすくなります。
女性特有の婦人科系にも優しく作用する当帰。
今回は当帰のエキスをたっぷり吸わせた一品です。🌸
青梗菜と豚バラ肉の紅花あえ
良質なタンパク質も摂れる豚肉に、青梗菜🥬をあわせました。
仕上げにも女性に嬉しい作用の紅花を散らしました。

当帰 五味[甘・辛]五性[温]帰経[肝・脾]
効能]生理不順、生理痛・冷え・貧血、婦人科系に作用する。

豚肉
豚肉 五味 [酸・甘・鹹] 帰経(腎.

[効果.効能]
中国では「料理できないのは鳴き声だけ」と言われるほど優良食材。日本でも弥生時代から食べていたと 言われる。糖質の消化を助けビタミンB1を豊富に含み、精神を安定させる働きがある。      
アミノ酸のバランスに優れ、良質のタンパク質を含む。

青梗菜
四気五味 : 辛味・甘味、涼性
帰経 : 肺、肝、脾
効能 :
瘀血を消し、けがによる腫れものを消滅させる。 瘀血の固まり、腫れものに
熱を取り除き、身体に害を与える作用を排除する。
高熱・悪熱、顔色が赤、多汗・四肢痙攣・麻痺・各種出血・できもの・潰瘍、乳腺炎

紅花  五味[辛] 五性[温] 帰経(心.肺)
 
キク科のベニバナの管状花 。夏にアザミのよう なオレンジの花をつけます.
[用途] 血をきれいにし、体を温め、生理不順、 更年期障害に効果的。           
血液浄化作用があり、アンチエイジング効果も期待できる。

祝🌸合格💮

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/03/header20210328120934_942128177.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/03/header20210328120934_949635702.jpg
昨年の秋🍂🍁から続けてきた栄養学の勉強。
オーソモレキュアニュートリション。
試験に合格しました.🌸

人の体は37兆個の細胞からできている。
今、食べた食事からカラダは作られる。
ダルビッシュ選手が肉体改造をする際に取り入れた事からも話題になっていました.
私も初めて聞くカタカナに❓と驚きました.
勉強を勧めてくれた宜子さんから、

「栄養学を学ぶ事で、どんな食べ物を、いつどのように食べたら良いか分かることができる。」
確かに、免疫力を高めよう❗️と聞いてもどんな食べ物をどの位、どのように食べると良いのか❓
良しと言われている食べ物は本当に良いのか?
自分のカラダに合っているのか?

教科書が届いたときは本の厚みと内容の専門性に
おののき、💦返却しようかと思いました.
講義の動画を観ては⁉️❓❓わからない。
でも、もう、やるしかない‼️
先ず、仕事へ行く前に講義の動画を聴くことから始めました.

コツコツ❣️コツコツ小石を積み上げるイメージで
勧めていきました.
「継続は力なり」です。
試験を受け、論文も提出して、ドキドキ💓しながら待っていました.

合格の認定書と一緒に本(溝口徹医師)のプレゼント🎁も送られてきました.
ここからがスタート❣️です。
身に染みてきた栄養学(オーソモレキュア・ニュートリション)をこれからはもっと自分のものになるように学び続けていきたいと思います.

12回目薬膳 茯苓を使う

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/03/header20210321181027_587852250.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/03/header20210321181027_989751353.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/03/header20210321181440_697377311.jpg
12回目の薬膳は茯苓を使うです。
イライラを抑え、精神を安定させたり、免疫力を高める働きがあります。
 
茯苓入り牛肉と大根の煮込み
筋力アップして汗の出やすい代謝の良い体に
材料]茯苓 にんにく 生姜 枸杞の実 大根 牛肉 万能ねぎ 三温糖 醤油 酒 塩 胡椒

高野豆腐の茯苓揚げ
大豆とくるみでしっかり代謝アップ
材料]茯苓、高野豆腐、くるみ、小麦粉又は米粉、パセリ出汁

感想はクセもなく、ミルで粉々にして使ったので
扱いやすく普段の料理にも取り入れやすいと思いました。
桜の咲き始める時期は、ウキウキとする反面
イライラと気が高ぶりやすい季節です。
茯苓の作用を上手く取り入れたいと思います.

amebloでは不定期で日々の料理や出来事を呟いています。😊
https://ameblo.jp/miletlove/entry-12663720458.html

春のちまき

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/03/header20210318214455_797624554.jpg
和菓子屋さんも使うと言う、国産の桜の葉を分けていただき、春のちまき弁当を作りました.

お弁当を持って外でのびのびと食べられる日が
早くきますように🌸❤️

11回目薬膳料理は陳皮🍊

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/02/header20210227101207_844137964.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/02/header20210227101207_929568369.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/02/header20210227101207_254117336.jpg
陳皮を使う薬膳
陳皮 五味[辛・苦] 五性[温]【帰経】脾・肺
血の巡りを改善し、体を温めるのをサポート。
気のめぐりを改善し、心を癒したいときをサポート。

料理は、鶏ささみと胡瓜の香りあえ
香味野菜で減退した食欲をアップ

松の実入り陳皮生姜茶
香りを楽しみながらお腹のガス抜き

そばの青じそ炒めちりめんじゃこ
香味野菜でイライラ解消
陳皮はみかんの皮を乾燥して簡単に作れます.
お湯を注いで陳皮の爽やかな香りを楽しめながら
からだも温めてくれます.
お蕎麦を茹でるときに陳皮も一緒に入れて茹でれば、ほんのり陳皮の香りが蕎麦に移ります.
茹でて湯を切ったらニンニクを加えて炒めます。
仕上げに陳皮の皮を刻んでトッピングしました.
とても爽やかな香りと美味しさでした.

10回目 黄耆を使う薬膳

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/02/header20210216064830_818730550.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/02/header20210216064830_215951249.jpg
10回黄耆(おうぎ)五味[甘]五性[微温) 帰経[脾、肺]
起源 マメ科のキバナオウギ (東北、華北など) 、ナイモウオウギ (山西、内蒙古など)の根。
黄耆の効果としては、疲労回復・息切れ・食欲不振・冷え性・むくみ・下痢・利尿、さらには花粉症の予防・精神の安定などさまざまな薬効があります。

とてもクセがなく、お茶にしても飲みやすく、
味噌のお鍋のレシピでしたが、そのまま
黄耆水鍋でも美味しいお鍋になります。
春先の気だるいすっきりしない体調の整えにも
一役買ってくれる。力強い黄耆です。

9回目 山楂を使う薬膳。

http://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/02/header20210210184936_017726170.jpghttp://milet.hp-tsukurumon.jp/wp-content/uploads/sites/5989/2021/02/header20210210184936_842532710.jpg
山楂子を使う薬膳
五味[ 酸・甘] 五性[微温・平]] 帰経[ 肝・脾・胃]
バラ科のサンザシ、オオサンザシ落葉低木の  果実。
用途] 消化を助け、鎮静、抗菌、強心作用、血圧降下作用。脂肪分解作用とあり、肥満予防に効果的。
はと麦と緑豆入りごぼうサラダ
美容の大敵、便秘と余分な水分の停滞を解消😊

オクラと海藻の山楂子サラダ
ネバネバパワーで血液サラサラに💕

山楂はティーパックタイプや果実を乾燥したものを煮出して使うタイプかとあります.
私は、果実を乾燥させたものを使いました.
煮出した後は種を取り刻んで、醤油に漬けると
山楂醤油になります。
ペクチンの働きでトロミがでて様々な料理に
使う事ができます.
梅干しより優しい酸味と山楂の効能も手軽に
普段の料理に活用できますね.❤️